生産者の声


北海道の広大な大地の栄養と、愛情をたっぷり受けてすくすくと育つ北海道産大麦若葉。

大麦若葉の栄養をまるごと活かすために、収穫後はすぐに工場に運ばなければいけません。
「北海道産大麦若葉」をひとなめしてみてると「美味しさ」を感じて頂けるはずです。
これらは、大麦若葉の生命力がみなぎる収穫時期を逃さない生産者の方々、そして工場との素早い連携によって守られています。

加工工場ではたらく人の声

工場長 山田さん

鮮度を安心を大切に

大麦若葉の鮮度を落とさないこと、鮮度を製品に閉じ込めることを心掛けております。
そのために日の出から大麦若葉を刈り取り、すぐに洗浄、生絞り、乾燥しております。農場の近くに工場があるからこそ、このような素早い加工が可能になります。
また、栽培管理、製造管理も徹底することで、鮮度だけでなく、安心できる製品づくりにも配慮しております。皆様に栄養豊富でおいしい製品、安心できる製品をお届けするため、努めてまいります。

生産管理担当者 多田さん

栄養成分にも拘って加工

大麦若葉は収穫後、時間が経つほど、鮮度とともに栄養成分も損なわれてしまいます。そこで私たちは、自社工場の近くで大麦若葉を農家さんに栽培をして頂いています。
大麦若葉は収穫後、すぐに加工をしています。これは大麦若葉の鮮度、風味を守る為に、1番拘っている事です!この徹底した拘りによって、自信を持ってお勧め出来るのが北海道産の大麦若葉です。皆さんの毎日を支える元気の源として、栽培の段階から完成まで、確かな品質を守ります!




TOPへ